金・プラチナ・銀の積み立てはポートフォリオ内の比率は低く設定するべき

3種類の資産運用をしていますが、その都度タイミング見計らって購入するのではなく、毎月積み立てて、正確には毎日積み立てて購入しています。最近の価格が上下に激しくぶれて安定せず、収支が良くなるのはまだまだ先になりそうです。

積み立て方法について

例えば1ヶ月当たりの予算を30,000円と設定したならば、毎日積立で1日1,000円×30=30,000円となります。その金額で購入できるグラム数を買う事になります。これを「定額積立」と言います。

逆の場合もあります、それはグラム数を指定してそれに応じた金額を払う方法です。例えば、0.1グラム400円とした場合、30日×400円で毎月12,000円積み立てるというものです。これを「定量積立」と言います。しかしグラムの量は変わりませんが、毎日価格は変動します。毎月10,000円~15,000円の間で積立となったりし、いくら積立てるか把握するのが面倒になります。

上記の理由から多くの人が「定額積立」を利用しています、もちろん私もその内の1人です。

正直プラスになるかどうか分からない

ゴールド・シルバー・プラチナ・先物・COMEX(ニューヨーク商品取引所)などスポットで安い価格で購入するには様々な指数やニュース見ていなければなりません。金は情勢が不安定になればなるほど上がるとは耳にしますが、実際はどうなるかも不明です。

国内株式銘柄でしたら情報も多く入ってきますし、判断の材料は多いです。しかし現物資産などは国内だけでなく、世界中の取引が多いのでまず把握できないでしょう。その為に多くの方が「積立」といった手法をとっています。

ドルコスト平均法で、買い続けてプラスになれば売る方法が妥当ではないでしょうか、もちろん長い目で見て資産運用できるに越したことはありませんが、不明な点が多いのが気になります。そういった理由から、ポートフォリオにおける金・プラチナ・銀の割合は出来る限り下げておくのが懸命な判断と言えます。

毎月の積立状況

毎月の積立は3対1対1の割合で積立投資しています。

金(gold)が3
プラチナ(platinum)が1
銀(silver)が1

全体を通して金が1番需要があり、価値が高くなる傾向が強く資産運用に適していると判断したためです。ただし、値動きの幅は違えど、似たような値動きをしています。

金は今どうなってるの?

20150917-1

出典:楽天証券

最近2~3ヶ月のチャートです。上下に激しく動いているので積立投資しています。4,800円近くまで上がりましたが、4,400円まで下がり、4,700円まで上がって今は4,400円前後に推移しています。

積立期間は半年ほどですが、平均取得価格は約4,760円で現在の売却価格は4,318円となります。約マイナス9.3%運用です。価格が落ちてきたのと、3%近くの手数料をもっていかれるので、まぁこんなもんでしょう。

プラチナは今どうなってるの?

20150917-2

出典:楽天証券

金とほぼ同じような動き方をしています。

積立期間は半年ほどですが、平均取得価格は約4,417円で現在の売却価格は3,746円となります。約マイナス15.2%運用です。価格が落ちてきたのと、3%近くの手数料をもっていかれても・・・これは悲惨な数値ですね。積立た頃は4,600円前後だったのですが、3,900円とか3,800円近くまで下落してプラチナは不安定なようです。

銀は今どうなってるの?

20150917-3

出典:楽天証券

積立期間は半年ほどですが、平均取得価格は約65円で現在の売却価格は55.4円となります。約マイナス14.8%運用です。価格が落ちてきたのと、3%近くの手数料をもっていかれても・・・これも悲惨な数値ですね。以前は70円前後だったのですが、60円近くまで下落して57円までいき、今は58円くらいでしょうか。下がりすぎで通常は資産運用できる気がしません。

今後の資産運用の展望

今後も不安定な相場が予想されます。不安的なときこそ、予想できないからこそ積立は大きな武器になります。コツコツと目先の利益に囚われずに、金・プラチナ・銀は積立てていきます。もちろん、目先の利益に拘ったほうが良い投資分野もありますが。

投資信託でも同じ事が言えますが、下がり相場が続き、少し上がったときに売るのが賢いやり方です。しかし、長期投資にはそういう売り方は向いていないので、資産運用という意味では中々難しいかもしれません。