Jリート2本、インベスコ・オフィス・Jリート (3298) と平和不動産リート (8966)を購入しました。

以前からJリートは欲しかったのですが、株価が全体的に上がってきていて敬遠していました。今回は2つ取得して、合計Jリート保有は3つになります。

インベスコ・オフィス・Jリート (3298)

保有物件数:6
稼働率:89.2%

4月の下旬から5月の中旬にかけて、なんやかんやで1万5千円位下げてきましたので取得しました。

・東京23区:64.1%
・上以外の東京圏:18.8%
・その他大都市圏:17.1%

東京圏の稼働率が87.5%と高くはありませんが、その他大都市圏は98.3%の稼働率を維持しています。新規物件も少しずつ増やしているそうで、ほとんどが事務所主体の物件となっています。

1月の東京圏内の稼働率が大幅に落ちたのが気がかりではありますが、事業所主体なので仕方ありません。会社ごと引っ越すと、ごそっと稼働率が落ちるのが事業所主体の欠点ではあります。

5月11日に東京日産西五反田ビルを約67億で取得し、これからに期待です。

予想分配金:2015年4月期(第2期)2,500円 2015年10月期(第3期)2,105円となっていますが、2015年4月期(第2期)は予想2,298円から2,500円に分配金を上げてきました

稼働率も少しずつ上がっているので、10月も上がると予想しています。

Nav倍率は約1.01と、Jリートの中では群を抜いて良い数値です。Nav倍率とは、株におけるPBRと同じような指標です。

インベスコ・オフィス・Jリート (3298)
予想利回り:3.96%
NAV倍率:1.01

かなり下落し、少し落ち着いてきたのでこの利回りとNAVなら割安です。

平和不動産リート (8966)

保有物件数:95
稼働率:96.57%

5月の配当落ちで下げてきたので、取得しました。

【投資エリア】

・東京23区:71.37.1%
・東京都周辺:7.76%
・その他:20.87%

【投資割合】

・オフィス:43.86%
・レジデンス:53.44%
・ホテル:2.70%

都心の割合が多いにも関わらず、稼働率がかなり高い位置で安定しています。

平成26年11月期(第26期)分配金 1,703円
平成27年5月期(第27期) 予想分配金 1,742円

好調で分配金も上がってきました

5月26日で東京証券取引所での権利付き最終取引日でしたので、下がってきたところを買いました。

平和不動産リート (8966)
予想利回り:3.65%
NAV倍率:1.06

業績もよく安定していて、比較的割安です。

これで保有中のJリートは3つに

日本賃貸住宅投資法人(8986)と合わせて3つになりました。日本賃貸住宅投資法人は利回りが4%を超え、NAVも1.28と割安で高配当ですが、出来高が多く株価の上下が激しい銘柄です。かなり落ちてくるようなら買い増しも検討しています。

分配金の時期について

3月と09月:日本賃貸住宅投資法人(8986)
4月と10月:インベスコ・オフィス・Jリート (3298)
5月と11月:平和不動産リート (8966)

これで毎月分配金、配当金の半年バージョン完成です。