給料大幅アップだけど「内定辞退」した中途採用の中身とは

転職をするには理由があります。現職に不満がある方、自己都合・会社都合問わず仕事を辞めた方、自分の価値を知る為に他社の話を聞いてみたい方など様々です。私は会社都合にて辞める事になり転職活動(リクナビ・マイナビ・エンジャパン・ハローワーク等)をしましたが、給料が大幅に増えたにもかかわらず内定辞退をしました。

内定を辞退した会社について

内定を頂いたにもかかわらず、入社を断りました。それにはいくつか理由があるのですが、会社のデータから紹介します。

かなり田舎の会社
・田舎では名の通った優良企業という噂
・従業員数100人超え
・強みのある商品メーカー

営業所こそ東京にありますが、ど田舎の会社です。会社は自社ビル(ビルというほどでもないが)で、自社工場があります。「これだ!」という強い商品があり、日本全国と取引がある安定した会社です。

今では珍しく年功序列や定年退職が生きているような、昔ながらの古い会社という印象を受けました。不景気のこの時代、定年まで安心して勤められそうな会社だと感じましたが何が不満なのでしょうか。

働きやすそうだが「会社見学」で分かった事実

書類選考に通り、筆記試験と面接を行い、結果はまだ出ていませんが会社を見せてもらうことが出来ました。確かに規模の大きい会社で歴史がある佇まいです。担当者と話しているうちに分かったことを箇条書きにしてみます。

・今まで地元の人間しか採用していない
独身はおらず既婚者や子持ちばかり
・圧倒的に年配の女性が多い
・会社の上層部は一族の家族で占められている

入社するとなれば「移住」する必要が出てきます。しかも地元出身者ばかりなため、「都会から人が来たぞ」状態になります。結婚が早く30代を過ぎた独身への視線がきつい。派閥があり女性特有の噂話や人間関係が厄介、「そこは大丈夫?」と聞かれた。大丈夫じゃないよ・・・。

会長→社長→次期社長→子供というようにオーナー一族で占められている。かなりの田舎の為、独特な慣習がありプライベート(休みの日)も会社のイベントへ駆り出される可能性があるとのこと。

仕事をしにきたはずが、なにやら仕事以外の事で悩みが増えそうな感じです。では提示された待遇を確認してみましょう。

内定後に提示された待遇について

面接を受けて数日が経過し、「是非弊社で働いてもらえませんか」と連絡がありました。ある程度は求人票の時点で分かっている事もありますが、合わせて紹介します。

・給料の基本給は前職の20%増し
・年間休日は90日
・賞与は前職と同じレベル
・その他の手当ては前職よりも少し多い

これを見る限りは前職より30%近い大幅アップとなりました。(例:400万なら520万になるという意味)

しかし前職では土日祝休みの完全週休2日制で、年間休日が125日ありました。単純に働く時間が増えたため給料が上がるという考えも出来ます。

仕事の内容は経験が活かせるが・・・本当に周りとやっていけるか?

仕事の内容は経験が活かせますし、貢献できそうですが会社の従業員はほぼ全員が正社員です。つまり1番下の新米で周りは年配の女性ばかりです。差別するつもりは一切ありませんが、さすがに男性1人に女性20人といった極端な職場はきついと判断しました。

かなり休みが少ないにも関わらず、休みの日は会社のイベントがあり付き合いで出るべきという風習でした。サッカー・野球・バーベキュー・その他イベントとプライベートを完全に会社に合わせた生活が目に見えました。それもそのはず「ど田舎」には娯楽施設は無く、あるのは山や川に草むらだけです。

結論:仕事はよくても精神が休まらないと判断

転職はキャリアアップを目指したり、より良く生活を充実させる為にするものですが「移住」という言葉から分かるように「郷に入っては郷に従え」という生活になるなと判断しました。

【月曜日】仕事
【火曜日】仕事
【水曜日】仕事
【木曜日】仕事
【金曜日】仕事
【土曜日】仕事(たまに休み or 会社のイベント行事へ参加)
【日曜日】休み or 会社のイベント行事へ参加

行事例:春夏秋冬の各種祭り・消防団・青年団・親睦会・自治会・運動会・地域の冠婚葬祭・・・etc

あれ、休みはどこいった?

少子高齢化で人口がどこも減り続けていますが、この町も現象の一途を辿っていました。しかも他よりも減少幅が大きく、今後更に酷くなる予想が出ています。

田舎暮らしは空気も美味しいし、仕事も成果成果と言われませんし穏やかに暮らせます。しかし行司やイベント、人間関係が濃厚でオンとオフの境目がありません。聞いてみると会社に独身の方は皆無の為、無理にでも結婚させられそうです。

自分勝手な事をしたり、マイペースを保っているといわゆる付き合いが悪いので「村八分」になったり、噂話が広がり居辛くなる方も多いのが現状です。

生まれも育ちも地元民ならいいのですが、1人だけ遠くの町から単身で引越し、永住する度胸があるのかと問われればYESと答える事が出来ませんでした。

内定辞退の連絡はいつまでに返事をするか

断るのも申し訳なかったのですが、そこは確固たる意志を持ち電話で内定辞退の連絡をしました。メールや手紙で連絡が来た場合は書いて送ればよいだけですが、電話連絡には電話で返事を伝えなくてはいけません・・・緊張しましたが分かってもらえました。

離職中に「内定を受けるか考えたいので保留にする」場合は待ってもらっても「1週間できれば2~3日以内」に返事をします。就業中の場合は入社まで日がありますが先方の事を考えると「1ヶ月」以内には結論を出しましょう。

もし内定後に断りたい場合は、入社日の2週間までが目安です。中には怒って呼び出しをしてくる会社もあるそうですが、電話で内定辞退の連絡で問題ありません。面接で「入れてください」と言っていたのに断るのはおかしくない?と言ってくる会社もありますが、素直にお詫びして深くは考えないでおきましょう。

内定辞退をする場合、事前に内定承諾書にサインをしていたとしても法的拘束力はありません。ただし人生長くて日本は狭いです、いつどこで会ってもいいようにお互いの事を考えた大人の対応をしたほうが両者共に無難です。