最近話題のライザップ経営は、費用対効果重視なのか?

経済は回復基調に向かっているとの事ですが、本当でしょうか。株価が2万円を超え、1ドル121円にまで上がってきました。一般的にスポーツジムは、会員数が多ければ多いほど利益率が良いと聞きますが、どうなんでしょうか。

バンバンCMを流しているライザップは高収益

完全個室型のプライベートジムとして話題のライザップ、独特なCMが皆の興味をそそります。赤井英和やスマップの香取慎吾が登場し、ムキムキの筋肉になっていくというものです。

スポーツジムなどは月々1万から高くても2万円前後で会費がかかりますが、ライザップの金額は桁が違うようです。

・ボディメイク スタンダードコース
入会金 50,000円(税別)
コース料金 298,000円(税別) 2ヶ月間 全16回

税込で375,840円が2ヶ月でかかります。1ヶ月は18万7920円です。
え、大卒の初任給?と思うくらい値が張ります。

全16回とありますが、1回は50分間のマンツーマンで、全800分で約13時間です。
カウンセリングや食事指導もあるそうですが、1時間当たりの費用は2万8910円となります。

ただしこれは公式サイトに掲載されている最も安い料金です。

ターゲットは一般人ではなく、芸能人やプロのアスリート、一部のお金持ちかと思われます。

ただし、結果にコミットすると言ってるくらい結果にこだわりますので、死に物狂いで本気で鍛えたい方はやる価値はあるのではないでしょうか。時間をお金で買うということですね。

ライザップは場所にお金をかけない

ライザップは実のところ、高コスト体質の大手フィットネスジムとは対照的に、驚異的な低コスト経営を実現している。「完全予約制のライザップは、大手ジムのように駅前一等地で集客しなくてもいいため、立地にこだわる必要がなく、家賃の大幅引き下げに成功した」。実際、原宿のライザップ神宮前店は、最寄り駅から徒歩で10分以上離れ、大通りから一本入った目立たない雑居ビルの地下に入居している。同社資料によれば、一般的なフィットネスジムの場合、地代家賃は売上高の20%に達するが、ライザップは4%にすぎないという。

出典:http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150525-00071944-diamond-nb

上記の通り、かなりの経費を抑え、トレーナー1人当たりの単価が高く、高い利益が出るように計算されている。教えるほうもプロ中のプロなら、教わるほうもプロに徹することができるだろう。

一般のトレーニングジムで、成果の無いダイエットを続けてしまうより、専門家の的確なアドバイスのもとで効果的なトレーニングが出来るのが売りとのこと。芸人の出川さんの言葉を借りるなら、ガチの人は行ってもいいんじゃないかな、でしょうか。