購入した理由は何か、個人向け国債「固定5年」と「変動10年」を買った人の話をそれぞれ聞いてみる

個人向け国債は1万円から始められる資産運用の1つで、日本国が発行している商品の為、リスクはかなり低いといえます(実質的には日本の借金)。日本国が責任を持って元本や利子を支払ってくれますので、金融機関の窓口等で簡単に購入できるため人気が高い商品ですが、「金利が固定」されたものと「金利が変動」されるものが存在します。どちらが良いかは一概に言えませんが、それぞれ購入した人の話を聞いてみました。

固定5年を購入した人、なぜ購入に至ったか

「固定5年」を保有し、金利は0.05%で半年毎に利払いがあります。株と違って配当金や株主優待が出るわけはありません。正直金利収入は低く、100万円預けても1年で税引き後500円以下といった現状です。それでも銀行の定期預金金利は更に低い状態です、それよりはマシだと思いました。

同じ債券でも企業の債券は会社が破綻してしまったら、元本の保証がされません。かといって海外国債には為替のリスクがあります・・・。どうしようか迷いに迷って、個人向け国債に関しては国の借金ですので、日本が破綻しない限りは大丈夫だろうと判断し元本保証されている個人向け国債にしたのです。

変動金利ではなく固定金利した理由

債券の価格変動もないので、資産運用の初心者には向いている商品だなと感じました。とはいえ、現在の金利は最低水準に近い状態です。変動金利の商品にすれば良かったかな、とも思いましたが、今後の日本もどうなるか分かりません。リスクを限定的にしてある程度先が分かるように、固定金利にしました。

現在日本はマイナス金利政策をとっており、それが終われば少しは金利が上がるかもしれませんが絶対とは言えません。少しでも安全策と考えて固定にしました。

変動10年を購入した人、なぜ購入に至ったか

安定資産の1つでもある「個人向け国債」の購入を検討しており、いろんな商品を比較した結果、10年満期の変動金利型にしました。

やはり日本の国債は1つの企業や他の国に比べてリスクが少なくて、今後も大きな値下がりは考えにくいため、複数の投資の1つとして考えてみると「組み込むべき商品」の1つかな、と感じたからです。

満期までは特に何もしなくて良いので、後は金利が増えて満期を向かえるのを待つだけです。

固定金利ではなく変動金利した理由

固定金利にするかは迷いましたが、「将来的な金利の上昇」がありそうと期待していた部分がありまして、変動金利にしました。初回の金利では変動も固定も同じ「0.05%」となり、税引き後で「約0.039%」と非常に低い数字ではあります。しかし銀行への貯金と比べると良いですし、銀行より日本という国の方が信頼度は上です。

購入してから1年程経過して、残りは9年残っています。今の所は順調に金利は推移しています。特に大きな変化もなく0.05辺りを行ったり来たりしており、これらくいなら想定していた数字かな、と考えています。

投資資金は100万円にしましたが、投資ポートフォリオの中でも「最も安定した資産」として組み込んでいます。国債にはたくさん種類があります、日本の商品以外にも海外の金利の高い新興国の商品もあり、多種多様に展開されています。

しかし初めての個人向け国債という事もありまして、せっかく日本に住んでいるのですからこの商品で良かったと感じています。

どちらも途中解約には手数料が取られる

個人向け国債には「固定金利」の「固定3年」「固定5年」と変動金利の「変動10」の3商品があります。固定は期間3年と5年、変動は期間10年の債券です。

それぞれ中途換金は1万円単位で可能ですが、その際に元本割れすることはありません。しかし解約すると直近2回分の利子が引かれてしますの注意が必要です。つまり解約すると1年間(半年毎に1回の利子)の利子が飛んでしまい、1年間何もしていないことになります。

発行から1年間は、自然災害や保有者本人に何かあった場合を除き中途解約は出来ません。投資する際は、長い目でよっぽどの事が無い限り、持ち続けた方が良さそうです。