ポイントが貯まりすぎて逆に失効する「楽天カード」でのお金の節約方法について

ネットショッピングのほとんどを「楽天市場」で購入しています。もちろんAmazonやその他のECサイトや独自モールでも買いますが、ポイントは1つにまとまっていた方が使いやすくなります。ネットの評判を見ていると楽天ではなくてAmazonやヨドバシの方が良いだろう、と言っている方も多いですがポイントの付き方と使い勝手のよさを考えると、そうは思えないのです。

楽天ポイントは「リアルショップ」でも使える

楽天カード(クレジットカード)を作って楽天ポイントをたくさん貯めることは、私の節約方法の中でもトップクラスに効率が良い方法です。楽天ポイントは最終的に電子マネーの「Edy」に変換して、Edyが使えるスーパーで生活必需品を買うことができます。edyは楽天系列の為、交換までは受け付けて「すぐ」に交換可能で、マイルはレートが変わり交換まで1週間かかります。

1ポイント1円から交換でき「ケータイ・スマートフォン」「Edy機能付き楽天カード」で街中で使えるのです。前にジョーシン(joshin)という上新電機に行くと、楽天ポイントが付いてjoshinのポイントも付く2重でポイントがもらえるというアナウンスが流れていました、「ガソリンスタンド」や「レストラン」に「引越し」に「カラオケ」と中々エリアを広げてきており、合致すると結構でかいです。

ポイントを一元管理することで「貯まる速度」を加速

支払いをなるべく楽天カードで行うことで集中してポイントを貯めています。日常の買い物や車関係(車検やオイル交換・ガソリン代)、外食をした時、電気やガスに水道といった公共料金、iphoneやandroidの携帯電話・スマートフォンの支払いなどです。仕事で先に自腹を切って後から会社に建て替えてもらう場合も、仮払いとしてクレジットカードを使うのも有効です。

このように使うことで総額1%のポイントが付きます。私の知り合いは、仕事の仮払いが多かったり、出張時の交通費やホテルの宿泊代金、備品の購入等によって月に10万円ほど立て替えていました。

ポイントは2重取りしよう

例えば10万円立て替えればその1%の「1000ポイント」は獲得できています。Edyへのチャージも「クレジットカード」から行うことでポイントの「2重取り」ができます。それ以外に、楽天カードはキャンぺーンを常に多数行っているので片っ端からエントリーをすることで貯める速さが違います。

ショッピングは楽天で倍倍ゲーム

期間中に楽天カードを使うとポイントが何倍になる、Edyを使用するとポイントが何倍になる、というキャンペーンが多くて、更に多くのポイントを獲得できます。貪欲に楽天ポイントを獲得する方法は他にもあり、楽天のツールバーをインストールしたり、楽天リサーチのアンケートに答えたり、広告のクリックポイントなどがあって、細かく頑張ると年間で5万ポイント以上は獲得していて、生活費の削減にかなり役に立っています。

ただしメールマガジンのチェックを外さないとメルマガが来るので、多いと結構うっとうしい場合があります。エントリーする場合はチェックを外す項目がどこにあるのか良く確認した方がいいです。

ポイントの失効に注意

セールにエントリーしたり期間限定ポイントをもらうと、「ポイントが使える期間」が決められています。これが結構短いものがあり、きちんと見ていないとドブに捨てることになります。実は私も何回かやらかしまして非常にもったいないことをしました。

通常のショップで買った分のポイントは期間がありませんが、その他は付与されるタイミングが遅かったり使える期間が短く決められていたりと、確認が必要です。8月に購入した場合9月に付与され10月が期限になるなど、頻繁に確認していないと失効させてしまいます。しかももらえるポイントの額は中途半端な額ですので、それだけ買い物は難しくて結局ポイントを使おうと必要の無いものを買う場合があるからです。

まとめ買いはAmazonでしている

Amazonではポイントが付く商品と付かない商品があります。以前ノートパソコンを購入したのですが、ポイントが全く付かない商品で楽天市場では5倍付いていました。しかしスピードや補償の面でAmazonから直接購入した方が楽で、他にマウスや画面の液晶フィルター(反射を抑えるもの)にパソコンを持ち運びするバッグも買いました。Amazonは返品申請もやりやすいですし、対応も統一されています。楽天市場はショップによって面倒なところもあり、融通が効かない店舗もあり、方法は統一されていません。

4個Amazon(1店舗)で購入するのと、4個楽天市場(4店舗)で購入するのとでは、不良品や交換など手間が圧倒的にAmazonが上になります。個人情報を4箇所に提供するのもあまり良い気はしませんし・・・。ただしポイントを貯めるには楽天市場の方が貯めやすいのは確かですので、そこは好みの問題になります。

楽天では1店舗で購入しないとメールや発送に温度差がありますが、Amazonは比較的まとめて買うことが出来ます(ただしAmazon発送に限る)。ですので基本的に楽天市場で購入し、たまにAmazonという使い方が買いやすい、貯めやすい私の使い方となっています。