銀行株で「毎月1万円」を配当金でもらうには、上位15銘柄にバランス良く投資をする事

働いてお金を稼ぐのも良いですが、お金に稼いできてもらうのが効率がよく、精神的にも身体的にも優しいというものです。株で毎月1万円儲かれば生活の足しになりますし、お小遣いや家賃代、食費代に交際費など使いたいことも使えます。では「どこにいくら」かければ、毎月1万円入ってくる計算になるのでしょうか。手堅い銀行株の配当利回り上位15銘柄で構築していきます。

配当金利回りで考える

株式の売買は利益確定で売り抜けるのは、タイミングもあり難しく安定はしません。しかし保有し続けていれば、決算等のタイミングで配当金が出る銘柄もあります。(出ない銘柄・株主優待のみの銘柄は対象外)

配当利回りが2%の場合、単純計算で100万円分の株式銘柄を保有していると年間で2万円入ってくる計算です。1ヶ月に換算すると約1,666円と金額は低く、とても1万円には届きません。では単純に1,000万円分持っていれば1ヶ月16,666円入ってくる計算ですが、1つの銘柄を抱え込むのはリスクが高く、2%の利回りは高いとは言えません。もう少し効率よく、リスクを下げた構成にするべきです。

銀行株で月に1万円もらうには?

銀行株の配当利回り上位15銘柄です。これを上から順番に購入していくと、このような必要金額と配当金になります。

銘柄 必要金額 予想配当利回り 予想金額
あおぞら銀行 (8304) 418,000円 4.45% 18,810円
島根銀行 (7150) 141,200円 3.54% 4,998円
みずほフィナンシャルG (8411) 212,600円 3.53% 7,500円
三井住友フィナンシャルG (8316) 445,300円 3.37% 15,006円
東北銀行 (8349) 157,000円 3.18% 4,992円
三井住友トラストHD (8309) 413,400円 3.14% 12,980円
鳥取銀行 (8383) 191,200円 3.14% 6,003円
トマト銀行 (8542) 162,700円 3.07% 4,994円
三重銀行 (8374) 244,700円 3.06% 7,487円
池田泉州HD (8714) 154,500円 2.91% 4,494円
愛媛銀行 (8541) 140,100円 2.86% 4,006円
第三銀行 (8529) 175,700円 2.85% 5,007円
長野銀行 (8521) 201,600円 2.73% 5,503円
フィデアホール (8713) 221,000円 2.71% 5,980円
りそなホールディングス (8308) 191,880円 2.66% 5,103円

注意点として一部の銘柄は最低購入金額が低いため、他と同じような金額に調整してあります。みずほフィナンシャルGは100株ではなく、1,000株、池田泉州HDは100株ではなく300株、フィデアホールは100株ではなく1,000株、りそなホールディングスは100株ではなく300株としています。どこかの銘柄に集中させるのではなく、リスク回避として分散投資しています。

日経平均が上がっているため、利回りは高くない

利回りは探せば4%や5%なんていう銘柄もあります。しかし堅実な銀行株ではほとんどなく、日経平均も上がっているため、利回りは下がり気味です。

・投資金額347万円
・年間配当金額11万円
・年間利回り3.25%

となります、これにもう少しだけ付け加えると、毎月1万円換算の配当金がもらえるというわけです。もちろん株価や配当金は上下しますし、配当金が無くなる事もあるかもしれません。目安として考えると悪くない数字ではないでしょうか。

Jリートで毎月分配金(配当金)が欲しい時、投資額はいくらかかるのか調べてみた

2015.05.21

少し前の記事ですがJリート(不動産)で1ヶ月45,000円配当金をもらうには、こちらの記事も参考になります。

銀行も生き残りをかけて必至に統廃合している

比較的倒産しにくい銀行業ですが、生き残りをかけて地方銀行は必至です。地盤が滋賀県、大阪府、兵庫県の関西アーバン銀行、みなと銀行、近畿大阪銀行も経営統合しますし、最近は関西は特に競争が激化しています。以前は和歌山県の紀陽銀行と和歌山銀行が、大阪では池田銀行と泉州銀行が統合しています。

地方銀行には大手銀行では真似できないサービスや機動力が魅力ですし、地方の会社を支えるのは地方銀行の役目です。守るだけでなく攻めも行う地方銀行は、今後もある程度の安定した基盤として、株式は持ち続けても良いのではないでしょうか。