「定期保険」は解約して「終身保険」に乗り換えたほうが良い理由

保険は大きく分けて「定期保険」と「終身保険」の2つが存在します。亡くなったり障害を負った場合に保険金が支払われますが、それぞれの特性を理解すると明らかに終身保険がお得だと思うのですが、なぜ定期保険に入っている方がいるのでしょうか。その違いとメリットを考えてみます、終身保険に変更するべき理由をお伝えします。

定期保険とは掛け捨ての事

定期保険とは、簡単に言うと掛け捨てで契約が終了してもお金が戻ってこないタイプです。最大のメリットはとにかく月の料金の安さです。しかしこの安さに釣られて入ってしまうと、10年後に全然安くない事態が待っています。なぜなら「10年毎に保険料は見直しが行われる」からです。年齢が上がっているので間違いなく保険の掛け金は高くなっています。

また積立ではないため、満期になって保険金が下りるなんてこともありません。保険終了後の次の日に何かあっても1円も保険金が下りません。

終身保険は払戻金がある

終身保険とは、終身つまり亡くなるまでずっと保障してくれることで掛け捨てではなく、満期で払い戻しがあることがほとんどです。保険料は少し割高になりますが、基本的に見直しがない為計画が立てやすくなります。

払戻金があるため、将来の老後や子供・孫の生活費や養育費にという使い道も出来ます。最大のメリットは「保険金が必ずいつか受け取れる」というものです、ここが払い込んだ保険料を捨てることになるかもしれない定期保険と異なる点です。

解約しても積立金が返金されますし、亡くなった場合は満額もらえることがほとんどです。しかもこの解約の払戻金は、銀行の金融資産の中に記載することが出来るのです。後々の事を中長期的に考えると、終身保険にはメリットがたくさんあるのです。

終身保険だけで足りない場合は定期保険も

終身保険の保険金が出ても、残された家族に足りない事が想定される場合に、サブとして定期保険に入るのもアリです。遺族年金や遺産などもありますが、もう少しカバーしたい場合は候補に入ります。終身保険は月額が高いので、掛け金が厳しい場合は金額を抑えて+アルファで定期保険を使ういう組み合わせがオススメです。

住宅ローンの負担は遺族には来ない

戸建てやマンションを購入して、住宅ローンを組んだが夫が亡くなり払えなくなったという事態が起きないように「団体信用生命保険」があります。これは住宅の購入時に入ることがほとんどで、残された遺族に負担が行かないように払えなくなった場合に金融機関が代わりに支払うものです。

最近ではこれにプラスして三大疾病保障付保険・七大疾病保障付保険・八大疾病保障付保険なども出てきています。ただしローンの支払いの保険料が上乗せされる場合もあるので、団体信用生命保険以上の保障を考える際は注意が必要です。