ゴールデンウィーク明けの株価はどうなるか、ユーロは、ドルは?

さて、本日でゴールデンウィークも終わります。社会人の方は仕事が、学生の方は学校が始まるでしょう。ずっと仕事だった方は・・・、お疲れ様です。休み前の日経平均株価は終値が19,531.63と前日比+11.62(+0.06%)で終わりました。

比較的変化しない株価の日でしたが、出来高を見てみました。

1位(8411)東証1部の(株)みずほフィナンシャルグループ
2位(6702)東証1部の富士通(株)
3位(8306)東証1部の(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ

みずほフィナンシャルグループ(8411)

1位のみずほフィナンシャルグループは私も株をいくつか保有しています。
比較的経営が安定していて、ブレ幅が少ない銀行業界で、配当利回りが良いからです。

富士通(株)(6702)

2位は、昔よく私が使っていたパソコンが、富士通のFMVのデスクトップです。
142円安のストップ安ですか・・・。
決算の会社予想が大幅に減益となったからだそうです。
2016年3月期の営業利益が-16%の減益で、当期利益が-28.6%減とのこと、厳しいですね。

富士通は現在651円で単元株数が1,000と、購入するには最低でも651,000円必要になります。
小型株しか買わない私にはちょっと金額大きいです。

株主優待が無く、配当利回りは約0.61%で最低売買金額が高い・・・、
昔パソコンでお世話になってたので頑張って欲しいですね。

(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ

3位は、(株)三菱UFJフィナンシャル・グループで、配当利回りが1.90%と、上記1位のみずほより落ちますが株主優待があります。
いろんなオリジナルグッズから選べるそうで、株価も比較的割安で経営状態も安定してる気がします。
個人的には堅い業界の銀行系株を、もう少し買っておきたいところです。

さて、ゴールデンウィーク明けはどうなるのでしょうか。