2015年5月時点での金・銀・プラチナ積み立て状況報告です

毎月一定額の金(ゴールド)・銀(シルバー)・プラチナの積み立てをしています。今現在の収支状況はどのくらいか計算してみました。

金・銀・プラチナ積み立ては毎日積み立て

これら3種類の積み立ては、投資信託の毎月1回だけの積立ではなく、1日ごとに少しずつ購入していく積立となります。

例えば1ヶ月で10,000円積立した場合は、1日約333円ずつ購入していくという形式です。

グラムで買う方法と、金額で買う方法があるのですが、金額単位での購入にしています。

積み立て購入時の手数料は3%程かかる

購入するのに必要な手数料はそれぞれ3%程で、10,000円分購入する場合は9,700円分購入した事になります。つまり、最初からマイナス3%のスタートとなるわけです。

年利3%上がっても1年でトントンの収支計算になるわけで、年利-3%だとトータルでー6%となります。いかにプラスに持っていくのが遅いかという事が分かります。

金・銀・プラチナ相場は読めないので、積立していくしか無いわけです。よほど下げてくればスポットでまとめ買いしてもいいですが、そういうときに限って更に下げてくるものです。

金・銀・プラチナ収支状況

平均取得単価 売却価格 収支
4,860円 4,737円 -2.53%
プラチナ 4,642円 4,393円 -5.37%
67.4円 64.8円 -3.86%

全ての積み立てがマイナスとなっています。

ですが元々買い付け時に-3%手数料を取られますので、金は0.47%価格が上がったという計算になります。
プラチナは2.37%価格が下がった銀は0.86%価格が下がっています

現時点で優秀なのは金で、プラチナの下げ幅が1番大きいことが分かります。

金・プラチナ・銀の積み立ては少しでいい

このようにポートフォリオに混ぜるのは分散投資としては良いかもしれませんが、割合を高めるのは危険です。特に手数料が高いので、本当に数年単位での積立でやっと利益になるかという具合でしょう。

毎回チェックするのではなく、忘れたころにチェックするのが良さそうです。このサイトでは、1ヶ月に1回は定期観測としてレポートをお届けします。