ソーシャルレンディングの投資駆け込み状況が、かなりえぐい事が分かった

投資家から投資資金を集めるソーシャルレンディングですが、利回りのよさに投資家達が殺到しているようです。異常な状況だと思うのは私だけだろうか。

不動産系の殺到状況が、かなりえぐいことになっています。「マネオ」と「ラッキーバンク」を調べてみましょう。

maneoの投資殺到状況

まずは、まだ殺到状況がましなマネオで、検証します。

1つ目:不動産担保付きローンファンド45号

申し込み01番目の人:18時09分
申し込み76番目の人:18時32分

所要時間約23分

平均投資金額約35万

2つ目:不動産担保付きローンファンド46号

申し込み01番目の人:09時54分
申し込み47番目の人:10時04分

所要時間約10分

平均投資金額約55万

3つ目:不動産担保付きローンファンド47号

申し込み01番目の人:13時57分
申し込み76番目の人:14時14分

所要時間約17分

平均投資金額約38万

リスクのある事業性は余裕があるが、不動産は殺到している

比較的リスクが高い、担保や保証の無い事業性ファンドは、申し込み受付開始してから終了するまでが比較的長く、誰にでも投資しやすい環境にあります。
ですが一部担保を取っている不動産担保付ファンドは、わずか平均16分で終了しています。

まだ幸いなことに開始時刻にバラつきがあり、比較的いろんな人が投資しやすいように出来ている点は評価が高いと言えます。

では次に、驚くべき数値が分かる状況をご紹介します。

ラッキーバンクの投資殺到状況

利回りが高く、担保や保証があり比較的安心度が高いと言えるファンドが多いラッキーバンクです。

1つ目:5/18募集開始】第25号ローンファンド Lucky Bnak 5億円突破記念 第五次募集

申し込み01番目の人:18時00分
申し込み49番目の人:18時01分

所要時間約1分

平均投資金額約81万

2つ目:【5/18募集開始】第26号ローンファンド Lucky Bnak 5億円突破記念 第六次募集

申し込み01番目の人:21時00分
申し込み49番目の人:21時01分

所要時間約1分

平均投資金額約65万

2つ目:【5/23募集開始】第27号ローンファンド Lucky Bank 一周年記念

申し込み01番目の人:21時00分
申し込み49番目の人:21時00分

所要時間約30秒

平均投資金額約60万

1人で600万円以上投資している者もいる

えっ!?と思われた方が大半でしょう。約1分ほどで終了し、最後にいたっては約30で終了しています。
申し込み方法ですが、同意した後にPDFのファイルをいくつか開いて確認し、更に申し込みにチェックを入れるというものですが、回線状況やサイトの混み具合によっては数十秒どうしても掛かってしまいます

よっぽどお金に余裕があるのでしょうか、1人で600万円以上投資してる方もいます。確かに比較的安全性は高いですが、ちょっと加熱しすぎな気もします。

投資にスピードは必要だが、いささか急ぎすぎではないだろうか

楽天市場のスーパーセールで半額先着1名を思い出しました、1秒前後で注文が入るそうです。仕組みを機械化でもしないと人力ではほぼ不可能で、皆が応募出来ない状況をいいことに煽り集客に繋げることができます。

さすがにここまで消耗戦になると、投資に関われない人は一層悔しがり次こそは!となるかもしれません。
でも本来はマネオでもたまに見かけますが、投資の内容について質問をしたり良く考え吟味した上で、お互い「じゃあこれで応援しますので、お互い頑張りましょう!」という流れで投資するのが本来のソーシャルレンディングではないでしょうか。

ここまで皆が「金!かね!金!かね!俺が!私が!1番に!」と、クリックしながら連打するのも、投資としては如何なものかと思います。

1人当たりの投資額を制限するとか、公に応募するなら煽り商法ではなく、もう少し何か対応をするべきです。1案件に1,000万円以上投資をするような方は、返済できなくなるリスクを承知で行動してるのでしょうか、不動産を処分しても、何の投資でもそうですが必ず全額返済されるとは限りません。

もともとは少ない投資資金でも、投資に参加できるのがソーシャルレンディングの魅力です。各社そう謳っています。一部の大金持ちに市場を独占されると、貧乏投資家からすると正直引いてしまいます。それが狙いかもしれませんが・・・。

今はまだ景気が上向きで良いですが、傾いてくるとソーシャルレンディングのリスクは更に高まるでしょう。注意深く業界の動向を観察していく必要がありそうです。