海外旅行は円高時に、割引プランを選択すると値段を抑えられる

海外から日本に訪れる観光客も増えて、国内でも外国人を見かけることが多くなりました。ということは海外旅行している人も増えているという事、日本人でも毎年たくさんの人が海外に旅行に行っています。しかし海外旅行は値段も毎年異なることから、タイミングを見てチケットなどを手配しないと割高になってしまいます。

海外旅行は円高時に行くべき

円安は日本で住む人にとってはあまり良いことはありません。なぜなら円の価値が低いという事は、海外から輸入している商品の値段が上がるということなのです。生活するうえでの雑貨品や食料に至るまで日本は海外に頼っている事が多く、物の値段が上がってしまいます。パン粉や小麦などの原料も値上がりし、素材の値段が上がっているのでスーパーやファミレス・コンビニに至るまで外食時も値上がりします。財布や鞄・靴などの雑貨品まで現在はメイドインチャイナ製品が多いため、軒並み値段が変更されます。

では円高になるとどうでしょう。円高になると上記の全てが安く日本に仕入れられることになり、価格が下がります。これは海外旅行にも当てはまることで、1ドル130円程で海外旅行に行って16万位かかったとすると、1ドル90円の円高の時に行くと11万円位で済むということが現実的に起こりえます。

円高・円安は日本に来やすいか出やすいか?

20160816-2
円高の際は円の価値が高いため、日本人が国内から海外旅行に行きやすいということになります。その反面、海外から観光客が来にくい(価格が高いため)ということになります。

円安の際は円の価値が低いため、日本人が海外へ行きにくいですが海外の人たちは日本へ価格が安くなるので来やすいという違いが生まれます。

海外旅行は早割りプランをまず検討する

海外に行くための日付を予め決めておくと、早く購入すればするほど値段が下がります。よくあるのが15日前までに予約すれば、通常の価格から○%引きにするというものです。

直前値下げも検討する

予約できる枠は少なめですが、ホテルも空室にするより値下げしてでも泊まってくれたほうがよいという場所も多く、ツアーの埋まり具合が良くなかったり、キャンセルが出たため値下げしてでもお客さんを集めたい場合に、直前値下げは行われています。お客の都合やホテルや旅行会社の都合で安くしているので、質は通常と変わらないので心配する必要はありません。問題はその値下げプランに自分のプランを合わせられるかということです。

旅行会社のメルマガも格安激安情報が出る

旅行会社によってはメールマガジンを購読できるので、数量限定でチケットが安く提供される時間や日にちがアナウンスされるときがあります。公式サイトに掲載される前にメルマガでアナウンスされる場合もあるので、購読しておくとお得に購入できるかもしれません。

円高還元セールは本当に還元されている

テレビやCMで海外旅行は今がチャンス!と謳ったCMがされていますが、それは体感できるだけの要素が整ったからアピールしているのであって本当に安いときがほとんどです。円安の際はCMすら流れないのである程度余裕のある方が行く時期です。

もちろん円高はブランド物や外車も国内で購入するにはうってつけの時期で、楽天市場やヤフーショップ・アマゾンなどで雑貨や服飾雑貨などを購入するのにぴったりな時期でもあります。時期によって購入するものを考え、お得に休日を過ごしましょう。