ガーデニングのタカショー (7590)から2015年の中間事業報告書が届いた

タカショーといえば「ガーデニング」で上場している唯一の会社です。場所は和歌山県で、比較的落ち着いた動きの銘柄です。ガーデニングというもの自体、都会の方やマンション住まいの方にはあまり縁がありませんが、この業界は比較的ライバルが少なく地方で力を発揮する商品が多いです。

タカショーとは?

ガーデニング最大手で唯一上場している会社です。ガーデニング業界って地方の中小企業が多く、最近ではエクステリア関係にも力を入れています。場所は「和歌山県海南市」にあり、結構地方の方です。

株主優待として、株主用の販売カタログや、200株以上保有でガーデングッズ、自社のガーデニングイベント招待などがあり、特に女性に人気です。

ガーデニング取扱商品

ガーデニングに興味の無い方にはいまいちピンときませんが、主な取扱商品は下記のような商品です。

【ガーデンライト】
ソーラーライトや庭のライト

【クールシェード】
ブラインドや日除けのすだれ

【野菜菜園】
プランターや支柱・ネットなど。

【フェンス】
自宅と道の間に建てるフェンスなど。

【ファニチャー】
庭に置くイスや机、ベンチや縁台・ルーフなど。

【ウッドデッキ】
庭に置いている木で出来たスペースです。

【ガーデニング用品】
プランターやバスケット・インテリアフェンスなど。

【ローズガーデン用品】
庭にアーチを作ったり、アクセントを置いたり。

【イルミネーション】
冬やクリスマス・記念日に飾るライトアップ用です。

中間事業報告書

20151016-1

さすがガーデニング国内最大手というだけあり、海外にもたくさんグループを構えアメリカ・ドイツ・中国・韓国・台湾・シンガポール・オーストラリアでも販売しています。

タカショーの販売網としては、業者向けのプロユースから、個人向けのホームユースまで網羅しています。最近では首都圏ショールームも開設し、いろんな展示が見れます。関西だけではなくて、関東にも力を入れてきているようです、首都圏といっても東京ではなくて、埼玉県ですが。

こういうのを展示しているそうで、美しいですね。こんな豪華な自宅に住んでみたいものです。他にも、宮城県・新潟県・神奈川県・群馬県・石川県・愛知県・大阪市・兵庫県・広島市・福岡県でショールームがあるので、どんな製品を取り扱っているか直で見れます。

この業界は景気の回復の兆しは見えているそうですが、春から夏にかけて天気が悪くなるとあまり売れなくなります。日除けなども含めて雨が降りすぎるのも、お庭にはよくないということでしょうか。

エクステリアに力を入れている

最近ではエクステリアに力を入れ始めているようですが、こちらは国内企業にライバルは多いです。

出典:タカショー Research Memo(8):ガーデニング用品では唯一の上場会社で国内最大級の規模

本格参入したエクステリア分野(住宅の門扉、フェンス等の外構)の市場規模は約6,000億円(同社推定)と推定され、全国エクステリア工業会の会員5社(同社のほか、三協立山、四国化成工業、LIXILグループ、YKK APエクステリア(株))が上位を占めていると考えられる(5社合計で約2,000億円)。

リクシルやワイケーケーエーピーとかCMでよく耳にする企業がシェアをしめている分野です。

エクステリアというのは、建物に付属するインテリアといった感じでしょうか。例えば、門扉やカーポートなどガーデニングとは似ているようで似ていない分野です。駐車場を整備したり、タイルや壁の飾りなども入るのでしょうか。

出典:タカショー Research Memo

販売ルート別(単体)には、ハウスメーカーやエクステリア施工業者など向け「プロユース」、ホームセンターなどへの卸売を中心とした一般消費者向け「ホームユース」のほか、「eコマース・通信販売」「輸出」に分かれる。「プロユース」向けが伸びており売上高の過半数を占めている。

業者向けのプロユースが主力商品とのこと、工場も日本と中国にあり展示会が多いのもこの会社の特徴です。最近ではネット通販などにも力を入れていて、ライバルが少ない分企業として安定感があり魅力はあります。

配当予定利回りも約3.39%で、ここ1~2年は株価の変動があまりなく安定しています。長期保有に適しているので、少し株価が下がるようなら買い増しも検討しています。