貧困は人生の負け組みなのか、アメリカ(米国)で保険が消える時代

オバマ氏からトランプ氏に大統領が変わり、医療保険制度改革法が廃止となるそうです。これはオバマ氏が公約で掲げていたもので、医療保険に入れない方の為の制度としてスタートしていました。自己破産の多くが医療費が支払えないという、日本ではありえない事態を打開する為に通称「オバマケア」はスタートしたのです。しかしこれが無くなるとはどういう事なのでしょうか。

日本は恵まれている、医療大国

日本では国民が皆保険に入れる「国民皆保険制度」があります。公的な医療保険として国の保険があり、それを補うものとして民間の医療保険が存在します。(民間とは例えば、アフラック・オリックス生命・損保ジャパン・アクサダイレクト・メットライフなどCMなどでも聞かれるものです)

日本の国民保険は、「国民全員を保障」「医療機関が自由に選べる」「安い医療費で高度な医療が受けられる」「維持費に公費を投入している」が最大の特徴です。ではアメリカではどうなっているのでしょうか。

医療保険制度改革法(オバマケア)は、国民皆保険を目指して作られた

アメリカでも公的な医療保険はありますが「条件付き」です。低所得者向けか、65歳以上の高齢者・一般障害者向けです。しかしそれ以外の大多数は、公的保険はありません。民間の医療保険を利用するしかないのです。日本では公的+民間でしたが、アメリカでは民間しかありません。

アメリカでは無保険者が多く、ほとんどが民間に頼っている

ではアメリカではどれくらいの方が無保険なのでしょうか。

米国における医療費は、過去何十年にもわたってインフレ率以上に上昇を続け、医療費の高騰とともに医療保険料も高騰した。その結果、人口の約 15%に相当する約 4,900 万人と言われる無保険者の増加を招いてしまった。

出典:米国の歴史的医療保険制度改革、オバマケア 大和総研

民間の保険に入っていない方が約4,900万人も存在するのが現実です。民間の保険は値段も高く、断られるケースもあるそうです。

海外での治療費はあまりにも高額、渡航の際は注意

アメリカでは、保険に入っていない方の医療費負担は凄まじいものがあります。場合によっては破産するような、上場企業の役員クラスでも払えないほどのものも有ります。

自己負担はゼロでしたが、実は向こうの事務手続きのミスで、請求書が送られてきたため、費用は見ました。なんと、1万ドルを超えていました。約120万円(2015年1月時点のレートで計算。以下同)ですか。もちろんこの病院は特別に費用の高いところなのでしょうが、それにしても、日本では通常1週間程度なのに、入院期間はわずか2泊3日です。

出典:医療保険がなければ、出産費用120万円!

他にも骨折したら治療費にいくらかかると思いますか?1万でしょうか、2万でしょうか、どちらも違います。

今年テキサスで骨折して現地の病院で入院&手術をして、医療費の請求が2000万円だったよ!20万じゃないよ、200万じゃないよ、2000万円だよ。破産寸前だよ。みんな、アメリカでは絶対に無茶なことしちゃダメだよ…。

私の入院は、6日で750万円だったよ。全部保険で賄えた。保険料が1年で20万円だったけど、入っててよかった。旅行でもアメリカに行くときだけは、神経質なくらい保険に入る。クレジットカードなら上限、気にしたほうがいい。尿検査したら10万円とか20万円とかだから

出典:テキサスで骨折して「2000万円」の医療費請求に驚きの声 niftyニュース

保険に入っていない場合は、実費で支払わなければなりません。オバマ氏が国民全員に保険をというのも分かります。中には億単位で請求された方もいるそうで、完全に破産コースです。

上院も下院もオバマケア廃止に

トランプ政権となり、オバマケアが無くなり保険未加入者は一気に増えるとされています。確かにメリットもあればデメリットもあります。それは国の支出があまりにも膨大することです。

米下院は13日、医療保険制度改革法(オバマケア)の廃止に向けた決議を賛成多数で可決した。前日の上院に続くもので、オバマケア廃止を最優先課題に掲げるトランプ政権の発足を前に、政策転換の動きが加速している。

出典:下院もオバマケア廃止決議=米

オバマケアには医療費が増えること以外にも様々な問題があります。

問題点
・健康状態関係ないので、保険会社のリスクは増え、保険料が全体的に上がった。
・勤務している人からすれば、さほどメリットはなく、保険料が高くなっただけ。
・強制加入なので、民間保険会社の競争はなくなり、サービスも低下。
・そもそも医療価格が自由なので、統一感なし
・加入する保険によって、同じ治療でも保険金額が違う。
・年齢や病気リスクが上がると保険料がめっちゃ高い

出典:損保ジャパン日本興亜 代理店(株)いけしん保険エージェンシー

アメリカでは救急車を呼ぶのにも数万円かかりますし、呼んだとしても症状や保険加入状況によっては断られるケースもあるそうです。アメリカの民間保険の月額は日本とは比べ物になりません。1ヶ月8万・15万など平気でかかってくるのです。それだけ日本が恵まれているということで、アメリカとは圧倒的な医療制度の差があります。

お金が無い方への配慮は必要か

アメリカではお金の無い方は、敗者という位置づけになるのでしょうか。基本的な医療制度が無いような、大国がここまで遅れているのも珍しく感じます。お金があれば更なる医療も受けられ、お金が無ければ最低限度の医療も受けられない、人として扱われないのはいかがなものでしょうか。貧乏や貧困者は医療を受けてはいけない、病院へ行くなという国の方針にも聞こえ、アメリカの今後が不安です。

確かにアメリカの医療費負担は深刻ですが、1番に改善するのは医療費が高額なことにあります。自由の国とは言っても、そこをまず何とかしなければなりません。代替案も無しに一方的に廃止で、今後保険に入れない方はどうなるのでしょうか。日本はアメリカに追随することが多いですが、国民皆保険だけは死守してもらわねばなりません。