1年ちょっと[金][プラチナ][銀]を毎日積立をした結果を発表します

20150517-1

そういえば積立をしていたなとふと思い出したのが最近の出来事、これら3種類は積立とはいっても、投資信託の決められた1ヶ月に1回の積立ではなく、毎月毎日積立扱いになります。毎日の価格で積み立てることによって、より相場に近い値段で買い付けることが可能です。2015年の春に積立を開始したいわゆる現物資産(消費寄託)ですが、1年ちょっと経過した今、どうなっているのでしょうか。

毎月毎日積立しました

途中入金が遅れて積立が遅れたこともありますが、ほとんど毎日積立をしました。金・銀・プラチナについての特徴や価値は下記を参考にしてください。

参考:2015年の金・銀・プラチナの積立結果・収支のまとめ

金・銀・プラチナ共に共通することですが安定運用とは言いがたいほど、値動きは激しいものとなっております。更に苦しめるのが手数料の高さであり、約3%ほど証券会社に持っていかれます。

金(ゴールド)の毎日積立結果

金を毎日1年間ちょっと積み立てた結果です。まずは下記の図をご覧ください。
20160417-2
赤色の線を引っ張っているところが、現在私が保有している価格になります。1g(グラム)約4,650円で取得したことになります。

紫色になっている線が、現在売るといくらになるかという価格です。1g(グラム)約4,300円となっており、グラム当たり350円のマイナスです。

参考:2016年の金・銀・プラチナの年始収支のまとめ

運用結果は約マイナス7.6%となりました。上記のリンク先で分かるように年始の段階で約マイナス12%でしたので、4,4%価格が上がった事になります。手数料が3%近くあるので、その差はやはり大きいといえます。

プラチナの毎日積立結果

なにが驚きかというと、金とは異なり価格が上がっているところがほとんどありません。順調に下落の一途を辿っています。
20160417-3
赤線が私の取得価格で、紫線が現在の売却価格です。1g(グラム)約4,000円で取得していますが、売却価格は約3,300円となっています。なんと約マイナス17.5%の結果です。

参考:2016年の金・銀・プラチナの年始収支のまとめ

ちなみに上記のリンクから年始の段階ではマイナス18%だったので、ほんの少しだけ改善されたようですがほぼ変わりありません。

貴金属は有限ですので、価値が無くなることはありませんが流石にここまで下落すると「何だかなぁ~」と何とも言えない状況になります。

銀(シルバー)の毎日積立結果

ではプラチナをみていきましょう。こちらもすごい結果になっています。
20160417-4
赤線が私の取得価格で、紫線が現在の売却価格です。1g(グラム)約62円で取得していますが、売却価格は約52円となっています。約マイナス16%の赤字です。

参考:2016年の金・銀・プラチナの年始収支のまとめ

銀ほどではないにしろこちらも下降が止まりません。ただし積立をしているので、年始のマイナス19%よりは少しマシになったという感じです。

トータルで見てみると

金・銀・プラチナの投資割合は3:1:1としています。本当は金だけで良いのですが、どんな値動きになるのかは実際に投資してみないと分かりませんので、実験の意味も兼ねています。

遊びでほうっておくならまだしも、資産運用のポートフォリオに占める割合は下げておいたほうが良さそうです。私自身も金額にして僅かしか積み立ててていませんので、マイナス20%や30%になっても平気です。といっても下がるとショックですけど・・・。

そういえば積み立てていたな、と3年後にプラスになっていれば御の字というレベルで運用していくのが良さそうで、本格的に資産を形成していくには不向きな投資方法であることは間違いないでしょう。