ペンタブレットで有名な「ワコム (6727)」株購入 最近どうなんだろうか

出典:wacom

ワコムと言えば、ペンタブレットと言ってもいいでしょう。イラストや漫画など愛用している方は数多くいます。株価が落ちてきたので調べてみました。今はどういう状況なのでしょうか。

wacom(ワコム)ってどんな会社なの?

簡単に企業の説明をすると、ペンタブレットで世界シェア1位です。パソコンの付属タブレットや、電子サインなどのペンシステムもワコムがシェアを占めています。

会社などでもサインお願いします!って言われるとき、以前なら紙に書いて控えをもらう、等でしたが今は電子画面にペンタブでサインするのが当たり前になってきています。
そこにも目をつけワコムはシェアを伸ばしてきました。

wacom(ワコム)の最近の業績

5月1日にストップ安で625円から100円下げて525円になりました。これは、決算で2016年3月予想が2桁減益を見込んでいることが発表され売られたものです。

ワコムIR・投資家情報を見てみると、売上の分かりやすい情報が載っていました。

Bamboo(バンブー)とintuos(インテュオス)が統合して落ち着き、
新興国向けモデル(one)がなどを展開し、部門売り上げは+12%とのこと。

更にwacom社発のモバイル製品も+36%と好調をキープ

高精細液晶のCintiqディスプレイなども好調で+8%

Bamboo Padなどスタイラスペンなどのブランド事業が苦戦して -8%

ペーパーレス・セキュリティ向上の電子サイン事業が+42%と絶好調

スマホやタブレット向けのセンサーシステムが不調で -22%

ノートパソコン向けのペン・センサーシステムも不調で -40%

CAD設計製品で+0.2%

個人的にはペーパーレス・セキュリティ向上の電子サイン事業と、wacom社のモバイル製品が非常に魅力的で期待しています。

一株当たりの配当金も前期と同じ18円を維持して、悲観するほどでは無いかな、というのが私の考えです。

ですので、落ちてきたところを買いました。

現在のPERは22.72倍 PBR2.34 配当予想利回りは3.79%と高いです。

株に関係ない話ですが、昔買ったintuos3倉庫に眠っていたので売り払いました。物自体は良いのですが、何せ私には必要が無く使わないものでした。

事業に魅力あるのが多く、応援したい企業で長期保有予定です!